光・風・熱と パッシブデザインという考え

快適性を実現する5つの考え方

光・熱・風といった自然の力を上手く取り込むことで、ランニングコストの少ない住まいつくり。
アムキットホームは、耐震性の優れた耐震構法SE構法の特性を活かし、建築場所の土地柄に応じた安心・快適・省エネな家づくりを提供しています。

1.日射熱を暖房に利用する

1.日射熱を暖房に利用する

秋から冬そして春先にかけて、太陽の熱(日射熱)を上手に取り入れ室内を温める工夫をすることで室内環境は驚くほど快適になります。日当たりの良い面に大きな窓をたくさん配置したり、取り入れた日射熱を蓄熱できる素材を採用するなど、手法はいろいろあります。

2.地域に応じた断熱にする

2.地域に応じた断熱にする

お住まいになる地域で快適に暮らすために必要な断熱性能はどのレベルかご存知でしょうか?断熱性能は低すぎてもダメですが、オーバースペックでも問題は出てきます。地域特性を十分理解した上で、断熱材や窓性能などを選択することが大切です。

3.夏の陽射しを遮る

3.夏の陽射しを遮る

日当たりの良い面に大きな窓を配置し、最適な断熱性能を得ただけでは必ずしも快適な住まいにはなりません。四季のある日本では夏期の日差しをどのようにコントロールするかも重要なテーマです。屋根やバルコニーの庇を上手く利用したり、外付けブラインドや日射遮蔽効果のあるガラスを採用し室内への陽射しを遮る工夫をすることで室内環境は大幅に改善されます。

4.風をコントロールする

4.風をコントロールする

窓を開けた時、心地いい風が通り抜ける。そんな幸せな住まいを実現するキーワードは全方位通風です。お住まいになる地域の風向きの傾向を知り、建物や川など周辺状況も考慮した上で、窓の種類や配置、建具や開口を検討することが大切です。

5.昼光を導く

5.昼光を導く

室内に自然の光を上手く取り入れることで住まいを明るく開放感のある空間にすることも自然エネルギーの活用で忘れてはならないことです。南面の大きな窓は当然ですが、北側にも高窓などを配置し安定した明るさを確保します。室内窓や光ダクトの活用も昼光利用の手法の一つです。


TOPへ